音楽特集

ジャズがテーマの音楽マンガ「BLUE GIANT」

音楽マンガでは珍しく「ジャズ」がテーマ。2016年マンガ大賞3位。
楽譜も読めない主人公がジャズに出逢い、SAXプレイヤーとして世界1を目指すストーリー

ストーリー

主人公はバスケ部に所属する宮本 大。
中学の時、友人に連れられて見に行ったジャズの生演奏に心打たれた。
その後、たった独りでただがむしゃらにテナーサックスの練習をはじめる。

楽譜は読めず、スタンダードナンバーも知らない。
ただひたすら真っ直ぐ突き進んでいく。

ジャズに魅せられた少年が世界一のジャズプレーヤーを志す物語。

※bluegiant公式HPより抜粋

スタンダード曲

マンガの中で、沢山、有名なジャズスタンダード曲が出てきます。なので、もちろんコンピレーションアルバムが発売されています。

BLUE GIANT コンピレーションアルバム

なので、ラジオで課題曲にしたのは主人公がSAXではなく、何気なく口笛で吹いていた曲「Moanin’」を取り上げました。

作曲:ボビー・ティモンズ
アメリカ生まれのジャズピアニスト兼作曲家

唄バージョンも掲載
出だし「Every mornin’ finds me moanin’ 」とMorningとMoanin’で韻を踏んでいるみたいです。

勝手に感想

単行本で発売されている巻まで、読んでみて…
楽しいです。ジャズと言うジャンルにとらわれず、音楽に対しての本質を捉えている良いマンガだと思いました。
ジャズに限って言えば、日本のジャズ特有の閉鎖的な部分もリアルに描かれ、別のマンガ「岳」でも感じた作者:石塚さんらしいリアル感が随所に感じる内容となっている。
SAXが弾きたくなる。ジャズが聴きたくなる。楽器演奏を始めたくなる。
本当にそう思った。
マンガの構成も、既に「巨匠」となっているだろう主人公について、関わりを持った人たちがインタビュー形式で物語が進行している。
まるで、本当に主人公が実在しているかのようなドキュメンタリーマンガにようになっていて面白い。
きっと、ジャズに興味がある人。何かしらの楽器演奏をしている人等の心に響くだろう。

BLUE GIANT
作者:石塚 真一(いしづか しんいち)
2016年マンガ大賞3位のジャズを取り上げた音楽マンガ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

イチタ ユウタ

投稿者の記事一覧

忙しい日々だからこそ、音楽で心豊かにをモットーに。
映画音楽から民族音楽まで幅広いテリトリーを武器に取材。

関連記事

  1. ジョージ・ガーシュウィン
  2. スペシャルドラマ第5話『クラシックコンサート』|ヤマハ銀座 オト…
  3. スペシャルドラマ第2話『申し込み』|ヤマハ銀座 オトナ アート・…
  4. スペシャルドラマ第4話『ワインセミナー』|ヤマハ銀座 オトナ ア…
  5. COOL STRUTTIN'(Sonny Clark)
  6. スペシャルドラマ第3話『準備』|ヤマハ銀座 オトナ アート・アカ…
  7. FUJIROCK’16 注目はJAZZ!?特集
  8. こども・びじゅつ・としょかん・おんがく CoBiTO(コビト) アーティストが絵本を読む!?音楽と絵本のイベント『CoBiTO …

おすすめ記事

根木 啓輔|ベンチャーソングライター YuReeNa|心寄添うシンガーソングライター その日暮らし 爆音映画祭 爆音映画祭 in ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場 自由にセッション出来るお店「stage pf」 くるり「ソングライン」 くるりから若者たちへの絡み酒「ソングライン」 ジャズがテーマの音楽マンガ「BLUE GIANT」 しがらみタウン富田林 河内REDSの地元愛「しがらみタウン富田林」 佐野碧|2ndアルバム発売直前LIVEレポ きのこ帝国 蘇る青春に抗う人へ、きのこ帝国「金木犀の夜」
こども・びじゅつ・としょかん・おんがく CoBiTO(コビト)
  1. 挫・人間「恋の奴隷」
  2. lullatone
  3. 石井宏樹アイキャッチ
  4. きのこ帝国
  5. 爆音映画祭



記事一覧

  1. 羊文学「ドラマ」
  2. その日暮らし

  3. lullatone
  4. くるり「ソングライン」
  5. ベランパレードのスクラップインマイルーム
PAGE TOP