Music Special

二胡+シンガーShin 東京初ソロライブレポ

Shin  二胡/シンガー
二胡の学舎として名高い北京師範大学音楽学部二胡専科では国家一級演奏家・王宜勤先生に師事。卒業後、鞍山台安英才芸術学校でダンス・歌・二胡を教える。
大連市芸能大会二胡演奏金賞、北京暢想オリンピック杯二胡演奏金賞ほか受賞多数。2010年来日を果たす。
2012年3月ドイツ、ベルリンフィルハーモニーホールにてメイン奏者として公演。

東京初ソロライブ@渋谷

2016年05月22日(日)場所は渋谷、二胡+シンガーShinさんのソロライブに招待され行って来ました。
Shinさんのソロアルバム「音希~ねがい~」を聴いてから、心待ちにしていた。
IMG_2250
登場と同時にソロアルバムに収録されていた「絆のチカラ」を奏で始める。

サポートメンバー

IMG_2243
JaXon  ピアニスト/作曲家
幼少からピアノを始め、2003年ピアニストJaxonとして活動開始。中西圭三、キャロル山崎などのライブサポート担当。様々なジャンルのアーティストのサポート、バンドマスターなど経験豊か。
http://jaxon.jp/
IMG_2198
KAZU  ドラム&パーカッション
中学・高校、吹奏楽部でパーカッションを担当。6年間コースタイルマーチングに明け暮れ、ドラムの基礎となるルーディメントを身につける。
近年は八代亜紀、福原美穂、May’n、川上大輔、林明日香、桑野晃輔×伊勢大貴、樽木栄一郎、トミタショウゴのライブに参加するなど、活動範囲を拡げ続け続けている。
http://drumskazu.jimdo.com/


IMG_2213

2曲目は、中国の古典から「陽関三畳」をしっとりと二胡のソロで。3曲目は二胡奏者のパイオニア、ウェイウェイ・ウー作曲の「遊牧民」と中国を意識した選曲。
やはり、二胡らしさが存分に生きるようなメロディーライン。「遊牧民」は聴き入ってしまいました。どことなく、懐かしい感じの音色だと感じるのはアジアの楽器だからなのかなぁ・・・

スペシャルゲストに「KAO=S」のリーダー:山切修二(ギター/ヴォーカル)さんが登場しました。
IMG_2169
2010年5月に教師として来日したShinさんが「1番日本らしい曲だなぁ」と感じた「荒城の月」をDUOで演奏。山切さんの鬼気迫るような歌声とShinさんの二胡の音色が「日中」間を上手く取りまとめていた。音楽だといとも簡単に国境を越えていく様は、やはり芸術のすばらしさを感じずにはいられない。

その後、3名に戻り「涙そうそう」とShinさんが6年間住んで、日本のふるさと呼んでいる”長野県”で生まれた曲達をメドレーで演奏。「皆さん!何曲知っているでしょうか?」と言って弾き始めた曲達は、全て耳にしたことがある曲だった。不覚にもイチタは曲名が思い出せませんでした・・・。Shinさんは長野県の人より長野に詳しいそうだ。


IMG_2250

2部の開始はShinさんの唄から。二胡だけでなく歌も唄えるアーティストなのです。聴きやすく透明感のある声で、会場の雰囲気は一気に和んだように感じました。

IMG_2374
2部でもスペシャルゲストの登場です。二胡奏者「有川小夜子」さん。鮮やかな衣装で、舞台の上に花が咲きました。二胡を2台使っての演奏は気持ちが良い!

IMG_2386
9曲目のJaXonさん作曲の「Dear Exupery」JaXonさん曰く、この曲は絶対にストリングス(バイオリン等)で聴かせたい曲として作曲したらしく二胡もストリングスだ。と言うことで演奏。JaXonさんの人柄が感じられる優しい主旋律とそれを支えるピアノの音色が心地よい。
IMG_2358
終盤のエトピリカ~リベルタンゴのメドレーは、普段聴き慣れているバイオリンのそれとは違う”うま味”を出している。アンコールは有川小夜子さんも交え、4人でフィナーレを迎える流れとなりました。

ライブセットリスト
曲名 構成
1部
1 絆のチカラ JaXon KAZU
2 陽関三畳 Solo
3 Nomad(遊牧民) JaXon
4 荒城の月 山切修二(Gt&Vo)
5 涙そうそう JaXon KAZU
6 長野県メドレー JaXon KAZU
2部
7 二人の歴史 Shin(Vo) JaXon KAZU
8 美しき神話 有川 小夜子 JaXon KAZU
9 Dear Exupery JaXon
10 エトピリカ~情熱大陸 JaXon KAZU
11 Ave Maria JaXon KAZU
12 リベルタンゴ JaXon KAZU
Enc 賽馬(さいま) 有川 小夜子 JaXon KAZU
ライブ終了後

IMG_2448左からShinさん、今井さん(プロデューサー)、JaXonさん

Shin  二胡+シンガー

拠点を長野から東京へ移してからの、初ソロライブ。
初ソロライブなのに、特別ゲストが2名も登場したり、オーディエンスの中には長野から来た方達も多い。Shinさんの人望の厚さを感じるライブでした。
MCは少し緊張気味だったかなぁ。Shinさんの無邪気さが出てきたら、もっと会場が和んで演奏とのメリハリが着いたかなぁと感じました。二胡+シンガーShinとしての無限の可能性を感じ、今後の展開を期待せずにはいられない。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

イチタ ユウタ

投稿者の記事一覧

忙しい日々だからこそ、音楽で心豊かにをモットーに。
映画音楽から民族音楽まで幅広いテリトリーを武器に取材。

関連記事

  1. スペシャルドラマ第3話『準備』|ヤマハ銀座 オトナ アート・アカ…
  2. FUJIROCK’16 注目はJAZZ!?特集
  3. スペシャルドラマ第4話『ワインセミナー』|ヤマハ銀座 オトナ ア…
  4. スペシャルドラマ第2話『申し込み』|ヤマハ銀座 オトナ アート・…
  5. オリジナルアナログレコード 世界にひとつだけのアナログレコード|CUT&REC
  6. COOL STRUTTIN'(Sonny Clark)
  7. ジャズがテーマの音楽マンガ「BLUE GIANT」
  8. 奈良ひより|2ndワンマンライブレポ~もうひよこなんかじゃない!…

おすすめ記事

ONCEダブリンの街角で|音楽映画 ココロノビートエンターテインメント株式会社|音にまつわるエンタメプロデュース ジャズがテーマの音楽マンガ「BLUE GIANT」 奈良ひより|2ndワンマンライブレポ~もうひよこなんかじゃない!~ ハグてっぺい|女性SSWに人生を捧げた男 あなたは、いつ楽器を辞めましたか!? TSUKINOSORA|作曲家・サウンドクリエイター・ピアニスト タブラ奏者「きゅうり」の実態 ピアニスト兼作・編曲家 沢村繁の生き方 自由にセッション出来るお店「stage pf」
  1. オリジナルアナログレコード
  2. ITSUKAメイン画像



記事一覧

PAGE TOP