Eventers

ハグてっぺい|女性SSWに人生を捧げた男

Profile
浅井企画所属 の元お笑い芸人。コンビ名『チョイチャック』として14年活動後、2014年10月に解散。現在はラジオパーソナリティー・司会など、お喋りを仕事にしながら、shibuya gee-ge.のブッキングマネージャーとして若手女性シンガーソングライターを中心としたイベント制作を行う。女性アーティストonlyのサーキット型フェス『HUG ROCK FESTIVAL』主催。

05
この看板に見覚えがある女性シンガーソングライターも多いのでは?今回は開店前の渋谷gee-ge.にお邪魔してハグてっぺいさんにインタビューしました。

女性シンガーソングライターにハマったきっかけは?

きっかけとなる2005年頃までは、音楽に興味は無く、音楽の知識はテレビの音楽番組をたまに観る程度でした。元々、ハマり症の気がありまして、1度ハマるとそれに対して2.3年位を周期にお金と時間を殆ど費やしてしまうんです。中学・高校は漫画⇒プロレス⇒女子プロレス。大学は映画⇒料理。そして、女性シンガーソングライターとなりました。
きっかけは、下北沢の居酒屋(土間土間)でアルバイトをしている時、シンガーソングライターの藤田大吾君と出会い仲良くなり、イベント一緒にやりませんか?って誘ってもらい渋谷のライブカフェでの弾き語りイベントで、毎月司会をすることになりました。その中で、女性シンガーソングライターのハセガワ ミヤコ(現在:入倉 都)さんと仲良くなり、彼女主催のライブに行ったときにCDを購入して、自宅に持ち帰って聴いた時に「ビビビ」と来ちゃいました(笑)それから、可能な限りハセガワ ミヤコさんのライブは全て行くようになりました。
ライブのシステムも良くわからない状態で通っていたら「彼女以外にも出演する女性弾語りが居るらしい。」「せっかくだから、観てみよう!」と観てみたら、「あれ!この子も良いじゃん」「あの子も好きだな」と思う様になり気付いたら365日どこかのライブハウスに足を運んでました(笑)
―1番最初は男性SSWじゃないですか!なぜ女性に?
男性アーティストも好きですよ。今となっては女性SSW好きが定着していますが・・・。
正直言ってしまうと、女性に失礼に聞こえてしまうかもしれませんが、男性は「自分で頑張れよ!」って思っています(笑)
実際に感動したのが女性SSWだったのと、頑張る女性を応援したいってゆう気持ちがあるんだと思います。
03

ハグてっぺいという名前の由来は?

一見、女性シンガーソングライターに関係ないかなっと思いますが、実はこの芸名に辿り着いたのには女性シンガーソングライターが大きく関係しているのです。
コンビのお笑い芸人として活動していた時は、名前の前にコンビ名が付くので気にならなかったのですが、ピンになるのをきっかけに芸名を付け直そう!と思い先輩芸人に相談したりしました。

※その時に出たボツ案(笑)
ファニチャーてっぺい・・・実家が家具屋の為
プロペラてっぺい・・・芸人を始めた頃にプロペラ付帽子を被っていたため

数年前に、渋谷gee-ge.にも良く出演してくれていた女性シンガーソングライターのワンマンライブが近くであったので、お店を少し抜け出して聴きに行ったんですね。
そこで、最後の曲が新曲でその曲にすごーく感動して、差し入れ(ハッピーターン)渡すときに感動しすぎて思わずHUGしたんです。その次の日に、僕のブログのコメントに書き込みがあったんです(驚)
「珍しいなぁ~」と思って開いたら、辛辣な言葉が・・・「俺の好きなアーティストに、何抱き付いてんだ!」「調子にのるなよ。」等々。事務所へも苦情の電話が・・・。
その事件を暫くネタにされまして、相談している先輩芸人に「それだろ!」と言われました。
「名前に”ハグ”を入れれば、ハグしても何も言われないぞ!」と(笑)それで「ハグてっぺい」になりました。
でも、そのトラウマがあって実際にはそんなに”ハグ”出来ていないですよね(笑)

ブッキングマネージャーの内容って?

これは、多分お店や人によってバラバラだと思うんですが、僕の場合は4つの入口で初めてのアーティストを知る感じですね。割合は上から順に多いです。
・アーティストやお客様からの紹介
・インターネット
・アーティストからの音源持込
・実際にライブを見て
それから、僕はなるべく沢山ライブに出演させたいと思っているので渋谷gee-ge.では定番の「30分×4人」ではなく「25分×7人」を定番としています。
色々と考え方はあると思いますが、今の僕はアーティストとお客様、アーティストとアーティスト、アーティストとスタッフの「出逢い」を提供したいと考えています。
コチラ側で、この子とこの子は音楽性が似ているから一緒にタイバンさせてみよう!とか考えて組んでいた時もありましたがコチラの思惑とは別の人と仲良くなったりしてるのを見て、コチラが出来る事は「出逢い」を提供する事だなという考えに至りました。
02

主催のHUG ROCK FESTIVALは、なぜ始めた?

女性アーティストONLYのサーキット型フェス
「女性アーティストを応援したい!」とお笑い芸人を辞め、コンビを解散したので、今もお笑い芸人で頑張っている元相方とか相談に乗って頂いた先輩たちとかに頑張っている姿を見せたいと言う思いもあって開催しています。
元々、僕の誕生日(4月29日)にお店へ色々なアーティストを呼んで「鉄ロックフェスティバル!!!」として開催していたものを、近隣のライブハウスも巻き込んでみました。今では”ハグ”なんだから「8月9日」もハグの日として開催しています。
※今年(2016年)は、4月29日、8月9日以外でも3回目となる12月25日(日)にも開催予定です。
※詳細はコチラ「HUG ROCK FESTIVAL」

明日、地球が滅びるなら何を食べる?

う~ん・・・。ツナかな。スパムかツナかな!
ご飯にツナと醤油。ご飯にスパムと目玉焼きとかですかね(笑)

ハグてっぺい  女性SSW研究家、ラジオパーソナリティ、渋谷gee-ge.ブッキングマネージャー
01

取材まとめ

見た目通り、穏やかな口調で元お笑い芸人と言うこともあり、おしゃべりが上手でスムーズな取材となりました。ブッキングを通してライブへの考え方とか共感するところが多く、意外にも色々と考えている方なのだなぁと感じました。また、1番強く感じたのが人と人との繋がりを大切にする人だと言う印象を受けました。今後も、ハグてっぺいさんが結びつける・紡ぐアーティストが色々なオーディエンスを感動させるのだろうと強く思いました。これからも、ハグてっぺいの動向には目が離せない。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

イチタ ユウタ

投稿者の記事一覧

忙しい日々だからこそ、音楽で心豊かにをモットーに。
映画音楽から民族音楽まで幅広いテリトリーを武器に取材。

関連記事

  1. TSUKINOSORA|作曲家・サウンドクリエイター・ピアニスト…
  2. タブラ奏者「きゅうり」の実態
  3. 五十嵐めぐみ|ライブディレクター,ART GIRL,表参道NOS…
  4. 音楽職人|作曲家:神馬譲
  5. ピアニスト兼作・編曲家 沢村繁の生き方
  6. ココロノビートエンターテインメント株式会社|音にまつわるエンタメ…
  7. 山田ケンタ|灼熱の和太鼓奏者
  8. 若手音楽家5人組インストジャズバンド「Inocrossing」

おすすめ記事

音楽職人|作曲家:神馬譲

神馬 譲ジンマ ユズル劇伴音楽(映像音楽)を主軸とし、樫木裕実カーヴ…

奈良ひより|2ndワンマンライブレポ~もうひよこなんかじゃない!~

奈良ひより 2ndワンマンライブ~もうひよこなんかじゃない!~日時:2016/08/03(水…

自由にセッション出来るお店「stage pf」

東急田園都市線 三軒茶屋駅から徒歩1分の処にある自由にセッションできるお店「stage pf」を…

8mile|音楽映画

2002年にアメリカ合衆国で製作されたご存知「エミネム」の半自伝的映画。主題歌「Lose Y…

二胡+シンガーShin 東京初ソロライブレポ

Shin二胡/シンガー二胡の学舎として名高い北京師範大学音楽学部二胡…

スペシャルドラマ第5話『クラシックコンサート』|ヤマハ銀座 オトナ アート・アカデミー[ワイン×クラシックコンサート]

storyストーリー 出会い編 申し込み編 準備編 ワインセミナー編 クラシ…

ブラス!|音楽映画

1996年に制作されたイギリス映画。閉鎖騒動の持ち上がる小さな炭坑の町を舞台に、ブラスバンドを通…

FUJIROCK’16 注目はJAZZ!?特集

FUJIROCK'16で注目のジャズ系アーティスト4人をPICKUP!! Ernes…

山田ケンタ|灼熱の和太鼓奏者

山田 ケンタ和太鼓奏者・クリエティブトラスト代表東京都出身。幼少の頃…

世界遺産北海道知床の歌姫 laufen Cuka

laufenラウフェン作詞作曲/ボーカル・Cukaと、ギター/エンジ…

記事一覧

PAGE TOP