ライブレポ

佐野碧|2ndアルバム発売直前LIVEレポ

2ndAlbum「NAMIDA」発売直前LIVE『再生』
日時:2017/8/3(木)
場所:LAPIN ET HALOT(ラパン・エ・アロ)表参道駅より徒歩5分

佐野さんのライブは初めてだったので、少し不安もありました。
あらかじめ、アップロードされているYOUTUBEは全て視聴して来たのですが、やはりライブは生ものですからね。
正直、動画やCDは素敵なのにライブになるとがっかりするアーティストも少なくない・・・。
[写真]エントランス

表参道辺りの地理には多少自信があった為、開場5分前には到着。
すでに、十数名の開場を待つオーディエンスの姿が目に入ってきました。

不安な気持ちも徐々にワクワクへ変わって来るのが解りました、地下への階段を下り、開演までしばし待っていると、ヴァイオリンの鈴木カオルさんが
おもむろにステージに登場し、彼女の独奏からLIVEがスタート。

前半レポート

少し緊張気味の鈴木カオルさんの独奏は、和やかな会場の雰囲気をピリッとした空気へと変えた。
ソロが終わると間髪入れずに”佐野碧”さんの登場、オリエンタル調なワンピースを身にまとった彼女の雰囲気と唄声は夏の朝に昇る日の出のように、一瞬で開場の温度を暖かくした。


前半は、アップテンポの曲が中心の構成。楽曲の特徴として、リズムがラテンだったり、レゲエだったり・・・。多分、佐野碧さんじゃなかったら違和感だったと思う。
佐野さんの唄声は、ジャンルを超える!
佐野さんが唄うとサンバ調でも、レゲエ調でも無い。そんなジャンルとかを全て帳消しになるような”佐野調”になる。

その時に、自然に頭に浮かんだ言葉が「ネイチャー!」。ジャンルとか関係ない「ネイチャーシンガー”佐野碧”」とういうワードが一番しっくり来た。
[写真]絶妙なトーク中
次に特徴的だったのが、相方のヴァイオリン”鈴木カオル”さんとのトークだ。
絶妙な2人の空気感(笑)。練習中から熱い佐野さんに比べ、どことなく冷めている鈴木さん・・・。ライブ後に聞いたのですが、2人はリアルに昔からのお友達みたいで、納得しました。
あの空気感、好きです(笑)。初めてお会いしたのに、昔からお二人を知っているかのように錯覚しました。是非、注目してほしい2人のトーク!必聴です(笑)

後半レポート

後半は、しっとりした曲中心の構成。
個人的に心を持っていかれたのは「I still…」でした。涙が出そうになりました。バンド構成で、是非聴いてみたい曲でした。
どうしても、打ち込みだけの楽曲だと音に厚みが出てこないけど、そこを生のヴァイオリンで補っている。生楽器が1つでもあるのと無いのとでは、雲泥の差があると思う。
[写真]野球の虫
圧巻だったのは、アンコールでの「野球の虫」だ。
彼女達のステージの後ろでは、常に動画やリリックがプロジェクターで投影されているが「野球の虫」の時の動画は、ドローンを使用していて映像のクオリティーも凄かった。
佐野さんは小さいころ野球少年!?だったらしく、当時所属していた「荒巻少年野球クラブ」の今が動画にされていて、童心に帰る素敵な映像と音楽。
確実にライブの方が100倍良いが、YOUTUBEを貼り付けておきます。

初めて行ったライブで、懐かしさやアットホームさを感じたのは初めてでした。これは、佐野碧さんの唯一無二にして最大の武器なんだろうと感じました。
是非、この感覚はライブで感じ取って欲しい。ストレート(直球)に感じ取って欲しい。

佐野 碧 -SANO AOI-  仙台出身のネイチャーシンガーソングライター
[左:鈴木カオルさん][右:佐野 碧さん]

2016年4月自身の代名詞ともなったヒカリと音楽を融合させたチャリティーフェス 『HIKARI SONG GIFT』を主催し、ネパールバクタプルにて5000人以上を集客する。その様子は海外主要メディアで大々的に取り上げられる。
帰国後も精力的に活動を続け、同年6月プロ野球 楽天ー阪神戦にて国家斉唱を務め、12月には原宿アストロホールでのワンマンライブを超満員で終える。 国内外問わず高い評価を得ているアーティストである。

セットリスト

1.who I am
2.what’s your name
3.情熱100マイル
4.2159
5.同じ空の下
6.I still…
7.I belive…
8.あなたがこぼすから
9.SUNRISE
EN
野球の虫

余談ですが・・・

ファンの方から聞いたお話なのですが、佐野碧さんのライブに行くと良いことが起こるらしく。ファンの間では有名な話しだとか(笑)
最近、なんだかツイテいないなぁなんて方は、是非、ライブへ出かけてみては!?
ちなみに、イチタはライブ帰りの焼き鳥屋さんで、お店の方が間違って多く焼いてしまった焼き鳥をタダで1本頂きました。

次回のLIVE情報
CD発売記念 佐野碧LIVE 2017
日付 10月1日(日)
時間 開場:18:00 開演:18:30
場所 スコットホール※早稲田駅より徒歩10分
料金 ¥3000-  詳しくはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

イチタ ユウタ

投稿者の記事一覧

忙しい日々だからこそ、音楽で心豊かにをモットーに。
映画音楽から民族音楽まで幅広いテリトリーを武器に取材。

関連記事

  1. 奈良ひより|1stミニアルバムリリースワンマンライブレポ
  2. Passionate|エレクトーン奏者の精鋭たち
  3. BONVOYAGE 2☆LIPS主催 屋内フェス「BON VOYAGE」潜入レポート…
  4. 奈良ひより|2ndワンマンライブレポ~もうひよこなんかじゃない!…
  5. 二胡+シンガーShin 東京初ソロライブレポ
  6. ITSUKA-ライブメイン画像 ITSUKA-3年振りのフルバンドLIVEレポート
  7. ゆさそばライブ 前代未聞!蕎麦打ちとライブ|ゆさそば

おすすめ記事

街角マチコ|テルミン奏者 スペシャルドラマ第1話『出会い』|ヤマハ銀座 オトナ アート・アカデミー[ワイン×クラシックコンサート] 二胡+シンガーShin 東京初ソロライブレポ 長澤 彩|クラシック音楽コーディネーター コーラス|音楽映画 lullatone トラック・ビデオメイクユニット|Lullatone-ララトーン- 今の小学校の音楽授業を知っていますか? ベランパレードのスクラップインマイルーム バンドマンこそ聴くべきベランパレードのラブソング「スクラップインマイルーム」 石井宏樹アイキャッチ 鹿児島・枕崎の怪魚|シンガーソングライター|石井宏樹 ONCEダブリンの街角で|音楽映画
こども・びじゅつ・としょかん・おんがく CoBiTO(コビト)
  1. 挫・人間「恋の奴隷」
  2. lullatone
  3. 石井宏樹アイキャッチ
  4. きのこ帝国
  5. 爆音映画祭



記事一覧

  1. くるり「ソングライン」
  2. BONVOYAGE
  3. ベランパレードのスクラップインマイルーム
  4. ゆさそばライブ
  5. 挫・人間「恋の奴隷」
PAGE TOP