音楽特集

ジャズがテーマの音楽マンガ「BLUE GIANT」

音楽マンガでは珍しく「ジャズ」がテーマ。2016年マンガ大賞3位。
楽譜も読めない主人公がジャズに出逢い、SAXプレイヤーとして世界1を目指すストーリー

ストーリー

主人公はバスケ部に所属する宮本 大。
中学の時、友人に連れられて見に行ったジャズの生演奏に心打たれた。
その後、たった独りでただがむしゃらにテナーサックスの練習をはじめる。

楽譜は読めず、スタンダードナンバーも知らない。
ただひたすら真っ直ぐ突き進んでいく。

ジャズに魅せられた少年が世界一のジャズプレーヤーを志す物語。

※bluegiant公式HPより抜粋

スタンダード曲

マンガの中で、沢山、有名なジャズスタンダード曲が出てきます。なので、もちろんコンピレーションアルバムが発売されています。

BLUE GIANT コンピレーションアルバム

なので、ラジオで課題曲にしたのは主人公がSAXではなく、何気なく口笛で吹いていた曲「Moanin’」を取り上げました。

作曲:ボビー・ティモンズ
アメリカ生まれのジャズピアニスト兼作曲家

唄バージョンも掲載
出だし「Every mornin’ finds me moanin’ 」とMorningとMoanin’で韻を踏んでいるみたいです。

勝手に感想

単行本で発売されている巻まで、読んでみて…
楽しいです。ジャズと言うジャンルにとらわれず、音楽に対しての本質を捉えている良いマンガだと思いました。
ジャズに限って言えば、日本のジャズ特有の閉鎖的な部分もリアルに描かれ、別のマンガ「岳」でも感じた作者:石塚さんらしいリアル感が随所に感じる内容となっている。
SAXが弾きたくなる。ジャズが聴きたくなる。楽器演奏を始めたくなる。
本当にそう思った。
マンガの構成も、既に「巨匠」となっているだろう主人公について、関わりを持った人たちがインタビュー形式で物語が進行している。
まるで、本当に主人公が実在しているかのようなドキュメンタリーマンガにようになっていて面白い。
きっと、ジャズに興味がある人。何かしらの楽器演奏をしている人等の心に響くだろう。

BLUE GIANT
作者:石塚 真一(いしづか しんいち)
2016年マンガ大賞3位のジャズを取り上げた音楽マンガ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

イチタ ユウタ

投稿者の記事一覧

忙しい日々だからこそ、音楽で心豊かにをモットーに。
映画音楽から民族音楽まで幅広いテリトリーを武器に取材。

関連記事

  1. FUJIROCK’16 注目はJAZZ!?特集
  2. 音楽好きへのプレゼント8選 【2018年度版】音楽好きに喜ばれるプレゼント8選
  3. ジョージ・ガーシュウィン
  4. ライブ配信おすすめの楽しみ方4選 【無限大】ライブ配信おすすめの楽しみ方4選
  5. amazon-unlimited Amazon Music Unlimitedをまとめてみた!
  6. Lo-fi hip hopってなんだ?SNS発祥の最先端音楽ジャ…
  7. COOL STRUTTIN'(Sonny Clark)
  8. 【王でありヒーロー】ケンドリック・ラマーとブラックパンサーを引き…

おすすめ記事

ONCEダブリンの街角で|音楽映画 sleepingbagtokyo画像 Sleeping Bag Tokyo!!寝不足のあなたへ朗報!? 音楽職人|作曲家:神馬譲 ピアニスト兼作・編曲家 沢村繁の生き方 ジャズがテーマの音楽マンガ「BLUE GIANT」 WALTZMORE-結成5カ月で全国ツアーを成し遂げた4人組音楽集団の魅力- 21 世紀のロック・クイーン『St.Vincent』がYOSHIKI(X JAPAN)をフィーチャリングに迎えたシングルをリリース! 世界遺産北海道知床の歌姫 laufen Cuka 【tsukuyomi】3rdAlbum『At the Next Corner』リリース+インタビュー あなたは、いつ楽器を辞めましたか!?



記事一覧

  1. ゆさそばライブ
  2. オリジナルアナログレコード
  3. 挫・人間「恋の奴隷」
  4. amazon-unlimited
PAGE TOP