音楽特集

ジャズがテーマの音楽マンガ「BLUE GIANT」

音楽マンガでは珍しく「ジャズ」がテーマ。2016年マンガ大賞3位。
楽譜も読めない主人公がジャズに出逢い、SAXプレイヤーとして世界1を目指すストーリー

ストーリー

主人公はバスケ部に所属する宮本 大。
中学の時、友人に連れられて見に行ったジャズの生演奏に心打たれた。
その後、たった独りでただがむしゃらにテナーサックスの練習をはじめる。

楽譜は読めず、スタンダードナンバーも知らない。
ただひたすら真っ直ぐ突き進んでいく。

ジャズに魅せられた少年が世界一のジャズプレーヤーを志す物語。

※bluegiant公式HPより抜粋

スタンダード曲

マンガの中で、沢山、有名なジャズスタンダード曲が出てきます。なので、もちろんコンピレーションアルバムが発売されています。

BLUE GIANT コンピレーションアルバム

なので、ラジオで課題曲にしたのは主人公がSAXではなく、何気なく口笛で吹いていた曲「Moanin’」を取り上げました。

作曲:ボビー・ティモンズ
アメリカ生まれのジャズピアニスト兼作曲家

唄バージョンも掲載
出だし「Every mornin’ finds me moanin’ 」とMorningとMoanin’で韻を踏んでいるみたいです。

勝手に感想

単行本で発売されている巻まで、読んでみて…
楽しいです。ジャズと言うジャンルにとらわれず、音楽に対しての本質を捉えている良いマンガだと思いました。
ジャズに限って言えば、日本のジャズ特有の閉鎖的な部分もリアルに描かれ、別のマンガ「岳」でも感じた作者:石塚さんらしいリアル感が随所に感じる内容となっている。
SAXが弾きたくなる。ジャズが聴きたくなる。楽器演奏を始めたくなる。
本当にそう思った。
マンガの構成も、既に「巨匠」となっているだろう主人公について、関わりを持った人たちがインタビュー形式で物語が進行している。
まるで、本当に主人公が実在しているかのようなドキュメンタリーマンガにようになっていて面白い。
きっと、ジャズに興味がある人。何かしらの楽器演奏をしている人等の心に響くだろう。

BLUE GIANT
作者:石塚 真一(いしづか しんいち)
2016年マンガ大賞3位のジャズを取り上げた音楽マンガ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

イチタ ユウタ

投稿者の記事一覧

忙しい日々だからこそ、音楽で心豊かにをモットーに。
映画音楽から民族音楽まで幅広いテリトリーを武器に取材。

関連記事

  1. 【今さら聞けない!】ボカロって?ボカロPっていったい何?
  2. COOL STRUTTIN'(Sonny Clark)
  3. FUJIROCK’16 注目はJAZZ!?特集
  4. amazon-unlimited Amazon Music Unlimitedをまとめてみた!
  5. ジョージ・ガーシュウィン
  6. 【王でありヒーロー】ケンドリック・ラマーとブラックパンサーを引き…
  7. 音楽好きへのプレゼント8選 【2018年度版】音楽好きに喜ばれるプレゼント8選
  8. 【今さら聞けない】大人のJAZZの楽しみ方

おすすめ記事

音楽職人|作曲家:神馬譲 【tsukuyomi】3rdAlbum『At the Next Corner』リリース+インタビュー 五十嵐めぐみ|ライブディレクター,ART GIRL,表参道NOSE art garage ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ|音楽映画 【大和市に集え!】市民が主役のアマチュア・バンド LIVE出演者募集 ルキノアイキャッチ画像 ルキノ|39才アイドル!!年齢は記号だ♀ 奈良ひより|2ndワンマンライブレポ~もうひよこなんかじゃない!~ COOL STRUTTIN'(Sonny Clark) ライブフォレストフェス ~森と川と焚火の音楽祭〜 【新型フェス】ライブフォレストフェス ~森と川と焚火の音楽祭〜 スペシャルドラマ第3話『準備』|ヤマハ銀座 オトナ アート・アカデミー[ワイン×クラシックコンサート]

記事一覧

  1. amazon-unlimited
  2. 爆音映画祭
  3. ポップロックバンド「芥」インタビュー
  4. 挫・人間「恋の奴隷」
  5. ライブフォレストフェス ~森と川と焚火の音楽祭〜
PAGE TOP