1曲入魂

くるりから若者たちへの絡み酒「ソングライン」

くるり「ソングライン」

この曲を初めて聞いた時、なぜか「窓辺でビールを飲むおじさんが絡み酒をしている」風景が浮かんだ。暑い夏の日、ビートルズの「A Day In the Life」を聴きながら窓辺でビールを飲み、走っていた少年を呼び止め

「戯言だから聞き流してくれよ」

なんて笑いながら適当なアドバイスをしているおじさんだ。

これは多分、この曲のサウンドと歌詞のせいだろう。

この曲の1番はずっと情景描写的歌詞で進んでいくのだが、サビの最後に「帽子を風に飛ばされた少年」が出てくる。そして2番サビではおじさんの考えてることが歌詞になり、大詰めでは

「生きて死ねばそれで終わりじゃないでしょう」

という歌詞とともにブレイクし、なんともエモーショナルなギターソロへ繋がっていく。

この歌詞は、きっと少年にあてた言葉だ。そして、少年に向けて一番言いたかった言葉でもある。だからあのエモいギターソロの前にどんっと持ってきたのだ。酔った勢いで呼び止めたか、はたまた心の中で留めておいたか定かではないが、彼は少年に向けて言葉をかけた。そんな風景が歌詞とサウンドに散りばめられている。

この曲はくるりのボーカルである岸田繁が、若者たちに向けて書いた曲だと感じた。ビールを飲むおじさんが岸田で、帽子を飛ばされた少年が若者たちだ。彼にとって若者たちは風景に紛れ込み、ウザったく思われてもいいから声をかけたくなるような存在なのだろう。

最近の若者たちは疲れている。SNSなんかで見る彼らはなんだか忙しなく、寂しそうでもある。きっと各々にとっては大きなことなのだろうが、傍から見れば「帽子を飛ばされた」ように、小さなことにも思えるだろう。忙しなく働き、疲れ、寂しそうにしている若者たちに岸田が「生きて死ねばそれで終わりじゃないでしょう」と言葉をかけたのは、彼らの忙しない人生を思って絡み酒をしたくなったのかもしれない。

酔っ払った岸田がかけた戯言みたいな言葉に、若者たちはどう反応するのだろうか。ハッとさせられるのか、はたまたウザったく感じ軽くあしらうのか、今後の若いリスナーたちの反応が楽しみである。

今日の入魂曲Today’s Soul Song

曲名:ソングライン
アーティスト名:くるり(Quruli)
概要:京都府出身のロックバンド。ロックバンドという一言では括れない多彩な音楽性を持つバンド。また、音楽フェス「京都音楽博覧会」の主催者。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

あずま はな

投稿者の記事一覧

音楽や映画、心理学が大好きな典型的文系。音楽はロックやレゲエ、ヒップホップ、エレクトロ、民族音楽など幅広く嗜む。

関連記事

  1. フレディの苦悩、QUEEN「Bohemian Rhapsody」…
  2. しがらみタウン富田林 河内REDSの地元愛「しがらみタウン富田林」
  3. きのこ帝国 蘇る青春に抗う人へ、きのこ帝国「金木犀の夜」
  4. 挫・人間「恋の奴隷」 恋に奥手な僕たちに、挫・人間「恋の奴隷」
  5. ベランパレードのスクラップインマイルーム バンドマンこそ聴くべきベランパレードのラブソング「スクラップイン…
  6. 羊文学「ドラマ」 大人と子供の狭間を歌う羊文学「ドラマ」

おすすめ記事

フレディの苦悩、QUEEN「Bohemian Rhapsody」 FUJIROCK’16 注目はJAZZ!?特集 佐野碧|2ndアルバム発売直前LIVEレポ スペシャルドラマ第2話『申し込み』|ヤマハ銀座 オトナ アート・アカデミー[ワイン×クラシックコンサート] BONVOYAGE 2☆LIPS主催 屋内フェス「BON VOYAGE」潜入レポート amazon-unlimited Amazon Music Unlimitedをまとめてみた! 若手音楽家5人組インストジャズバンド「Inocrossing」 羊文学「ドラマ」 大人と子供の狭間を歌う羊文学「ドラマ」 ピアニスト兼作・編曲家 沢村繁の生き方 ジョージ・ガーシュウィン
ポップロックバンド「芥」インタビュー
  1. 庸蔵様インタビュー
  2. おるたなてぃぶ2
  3. こども・びじゅつ・としょかん・おんがく CoBiTO(コビト)
  4. 挫・人間「恋の奴隷」
  5. lullatone



記事一覧

  1. くるり「ソングライン」
  2. 挫・人間「恋の奴隷」
  3. ポップロックバンド「芥」インタビュー
  4. ITSUKAメイン画像
PAGE TOP