1曲入魂

言葉では伝わらない負の瞬間を音楽に|6EYES「パーティの帰り道は真顔で」

「名古屋の宝」と評されるバンドがいる。
2002年に結成され、幾度かのメンバーチェンジを経つつも15年以上活動を続けている6EYESだ。ツチヤチカら(Vo.&Key.)のハードロックが基本にある音楽性は長年変わらないものの、常に挑戦を続ける彼ら。これまでも、ハードコア・ニューウェーブ・ポストパンクなど、幅広いジャンルの要素を楽曲に盛り込んできた。そんな6EYESが、2016年に名古屋のヒップホップレーベル・JET CITY PEOPLEからリリースしたアルバム「TABLE」。呂布カルマ・永見恵利・THE ACT WE ACT&6EYESの元メンバー佐藤慧といったゲスト陣も豪華で、見所だらけの音源だ。各所にヒップホップのエッセンスを散りばめ、バンドの新しい顔を見せたアルバム。ただその1曲目にある「パーティの帰り道は真顔で」は、非常に6EYESらしい楽曲だ。

彼らは“非日常と現実の狭間”を表現するのがとても上手い。
楽しげで軽やかなピアノから始まり、突然ノイジーなバンドサウンドに飲まれるイントロ。その名の通り、騒がしかったパーティのその後を様子を歌っている。酔いの醒めかけた、我に返る寸前のクラクラする時間。この今が夢なのか現実なのか、分かりたいような分かりたくないような。耳を突くようなギターに、重たくも跳ねるベース、淡々とリズムを刻むスネアの音。全てが合わさったサイケデリックな世界観が、余計にボーカルの気だるさを際立たせる。

特に行きたくもなかったパーティの帰り道。
“こんなところに来ているコイツらと自分は違うんだ”と言い聞かせながら、自分の卑屈さを薄々感じ取っている。
フワフワとした感覚の中で、見え隠れしている認めたくない現実の自分。

「何もない自分を認めるのは それも勇気がいるよ」

きっとパーティに来て、その事実が分かってしまったのだろう。
世間の人たちは、バランス良くどうにか上手に生きている。
でも自分は、騒ぐだけのパーティでさえノリきれずにいるのだ。
思い出したくないのに、思い出しそうな。忘れてしまいたいのに、いつまでも覚えていそうな。
何もないはずだが他人とはどうも違う自分に、落胆しつつもアイデンティティーを感じている。
非日常の中で、チラチラと顔を見せるいつもの日常。
どうにも説明のつかないこの瞬間が音楽になったのが、「パーティの帰り道は真顔で」だ。

やりきれない、噛み合わない。底に溜まって淀みきった現代の鬱憤。
パーティなんかじゃなくても、しこたま酒でも飲んで、どうにもならなくなった時。
行く先も決めず、ダラダラと夜の街を歩きながら聞きたい1曲だ。

今日の入魂曲Today’s Soul Song

曲名:パーティの帰り道は真顔で
アーティスト名:6EYES
概要:名古屋の4人組ロックバンド。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

竹河

投稿者の記事一覧

名古屋出身・札幌在住。初期パンク愛好家なピーズ研究家です。

関連記事

  1. きのこ帝国 蘇る青春に抗う人へ、きのこ帝国「金木犀の夜」
  2. くるり「ソングライン」 くるりから若者たちへの絡み酒「ソングライン」
  3. フレディの苦悩、QUEEN「Bohemian Rhapsody」…
  4. 挫・人間「恋の奴隷」 恋に奥手な僕たちに、挫・人間「恋の奴隷」
  5. しがらみタウン富田林 河内REDSの地元愛「しがらみタウン富田林」
  6. 羊文学「ドラマ」 大人と子供の狭間を歌う羊文学「ドラマ」
  7. ベランパレードのスクラップインマイルーム バンドマンこそ聴くべきベランパレードのラブソング「スクラップイン…

おすすめ記事

【tsukuyomi】3rdAlbum『At the Next Corner』リリース+インタビュー ゆさそば|世界初のそばエンタメグループ 音楽好きへのプレゼント8選 【2018年度版】音楽好きに喜ばれるプレゼント8選 生演奏とオーガニック料理「Cherokee LIVE TAVERN」 タブラ奏者「きゅうり」の実態 言葉では伝わらない負の瞬間を音楽に|6EYES「パーティの帰り道は真顔で」 五十嵐めぐみ|ライブディレクター,ART GIRL,表参道NOSE art garage きのこ帝国 蘇る青春に抗う人へ、きのこ帝国「金木犀の夜」 ポップロックバンド「芥」インタビュー 芥(あくた)|インタビュー ジョージ・ガーシュウィン
  1. ポップロックバンド「芥」インタビュー
  2. 庸蔵様インタビュー



記事一覧

  1. 爆音映画祭
  2. 羊文学「ドラマ」
  3. 音楽好きへのプレゼント8選
  4. ベランパレードのスクラップインマイルーム
PAGE TOP