1曲入魂

河内REDSの地元愛「しがらみタウン富田林」

しがらみタウン富田林

みなさんは富田林市という町をご存知だろうか?

大阪府南河内に位置する町で、グーグル検索をすれば富田林市内の犯罪関連のニュースが多く出てきてしまう、少々ガラの悪い町だ。
しがらみタウン富田林[写真]googleで富田林市を入力した結果

この町出身の河内REDS(かわちれっず)というバンドが先日メジャーデビューを果たしたのだが、そのバンドの曲に「しがらみタウン富田林」という曲がある。

この曲はその名の通り富田林について歌ったものなのだが、町の紹介としてはなんとも弱い

「トラクターが秋祭りの季節に向けてお米を植えに行く」

「裸の大将痺れさせた花火大会」

「便利は悪いし言葉も汚い」

などの歌詞を連ね、サビでは

「何も無いけどめんどくさい町さ」

と歌っている。聞いていると決して自分たちの地元を褒めている訳では無いのが伺えるが、この曲には彼らの地元愛しか詰まっていない。

私たちが自分の地元を紹介する時も、よほどの観光地でない限り「何もないよ」と言わないだろうか。しかし本当に何も無い訳ではなく、古びた国道や小さな花火大会があるし、汚い川にさえ「河川敷で酒を飲んではしゃいで急性アル中になった」という苦くも楽しかった思い出が詰まっていたりする。余所者がゴミを捨てて帰れば怒るし、人が集まれば嬉しい。そんな歪んでいるのか真っ直ぐなのかよく分からない地元愛を、誰しもが持っているはずだ。誰しもがしがらみだらけの「俺らの町」を愛しているはずだ、と彼らは教えてくれたのだ。

こんなにも愛に溢れた歌が歌えるバンドなのだから、メジャーデビューしたことも頷ける。そしてこれを機に今まで彼らを知らなかった人達も、「地元とは」「愛とは」ということを教えてくれた河内REDSを愛さずにはいられないだろう。

今日の入魂曲Today’s Soul Song

曲名:しがらみタウン富田林
アーティスト名:河内REDS
概要:2014年、春より本格的に始動した南河内出身4人組 “河内” ロックバンド。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

あずま はな

投稿者の記事一覧

音楽や映画、心理学が大好きな典型的文系。音楽はロックやレゲエ、ヒップホップ、エレクトロ、民族音楽など幅広く嗜む。

関連記事

  1. 挫・人間「恋の奴隷」 恋に奥手な僕たちに、挫・人間「恋の奴隷」
  2. フレディの苦悩、QUEEN「Bohemian Rhapsody」…
  3. くるり「ソングライン」 くるりから若者たちへの絡み酒「ソングライン」
  4. ベランパレードのスクラップインマイルーム バンドマンこそ聴くべきベランパレードのラブソング「スクラップイン…
  5. 羊文学「ドラマ」 大人と子供の狭間を歌う羊文学「ドラマ」
  6. 言葉では伝わらない負の瞬間を音楽に|6EYES「パーティの帰り道…
  7. きのこ帝国 蘇る青春に抗う人へ、きのこ帝国「金木犀の夜」

おすすめ記事

タブラ奏者「きゅうり」の実態 【tsukuyomi】3rdAlbum『At the Next Corner』リリース+インタビュー スペシャルドラマ第3話『準備』|ヤマハ銀座 オトナ アート・アカデミー[ワイン×クラシックコンサート] ONCEダブリンの街角で|音楽映画 今の小学校の音楽授業を知っていますか? sleepingbagtokyo画像 Sleeping Bag Tokyo!!寝不足のあなたへ朗報!? ベランパレードのスクラップインマイルーム バンドマンこそ聴くべきベランパレードのラブソング「スクラップインマイルーム」 FUJIROCK’16 注目はJAZZ!?特集 WALTZMORE-結成5カ月で全国ツアーを成し遂げた4人組音楽集団の魅力- オリジナルアナログレコード 世界にひとつだけのアナログレコード|CUT&REC



記事一覧

  1. ポップロックバンド「芥」インタビュー
  2. ライブフォレストフェス ~森と川と焚火の音楽祭〜
PAGE TOP